文化財本島周辺離島

富里拝所跡(旧フサト)

①見どころ
 伊江島発祥の地とされる拝所です。

②概要
 伊江島の西江上部落はずれの飛行場跡にあったフサトというところに、他の島から2~3人の人が移り住んだのが伊江島の最初の住民であったといわれています。そして、この旧飛行場の北西に旧富里(フサト)村の集落が築かれ、フサトの拝所もありましたが、その後の飛行場建設の時に新富里拝所としてウプバンタ森に移されました。現在でも、地域の古老たちによって拝まれています。

③ヒストリー
 7か年もの間、馬に乗って海から来た人が伊江島の西の海に上がってきました。馬は3か月そこで草を食べ、草がなくなったので上に上がって行きました。馬に乗っていた人もその馬を追いかけてきました。そこの土手のことをフサトといいます。馬は女、人は男であったので、子どもができ、伊江島の人の始まりになりました。

④ワンポイントアドバイス
 拝所跡付近には草木が繁茂しているので、ハブには注意してください。

スポット情報

住所

Map Marker 〒905-0505 伊江村西江上

アクセスマップ