文化財北部

宮城親栄(みやぎしんえい)翁顕彰碑

①見どころ  
 奥の茶業の振興に多大な貢献をした宮城親栄を顕彰する碑です。

②概要
 沖縄本島最北端の国頭村の奥集落では、1929年から本格的なお茶の栽培を行っています。既に80年以上の歴史に育まれた銘茶の里として名高いですが、こうした奥の集落の茶業の振興に努め、栽培技術の向上と優良品種の導入普及に尽力したのが、宮城親栄です。この宮城親栄の功績を讃え、1982年9月26日、製茶工場前に顕彰碑が建立されました。

③ヒストリー
 宮城親栄は、奥の茶業の振興に多大な貢献をし、経済発展に寄与された功績を讃えて、1978年11月3日、沖縄沖縄県産業功労賞を受賞されました。

④ワンポイントアドバイス
 奥の主要産業である製茶工場の前に建てられていることからしても、宮城親栄がいかに奥の人たちに尊敬されているのかをうかがい知ることができます。

スポット情報

住所

Map Marker 〒905-1501 国頭村奥84

アクセスマップ