文化財本島周辺離島

上地太郎顕彰碑

①見どころ
 組踊「忠臣蔵」の作者である上地太郎を顕彰する碑ですが、背後に城山が聳える位置に建立されており、上地太郎がいかに伊江村の人たちに崇敬されることがわかります。

②概要
 伊江村の芸能文化に大きな功績を遺した上地太郎を顕彰する碑が、2003年8月14日に建立されました。

③ヒストリー
 上地太郎は、伊江島総地頭家の奉公人をしていたころ、薩摩や江戸などへの伊江按司の随行の際、旅の道中で見聞きした地域の文化を吸収して持ち帰り西江村の安田某の協力を得て歌舞伎、仮名手本忠臣蔵を翻案して組踊「忠臣蔵」を作りました。文化に造詣が深く感性豊かな人物であったと思われます。

④ワンポイントアドバイス
 顕彰碑とその後背に聳える城山のコントラストは、絶好の写真撮影スポットとなっています。

スポット情報

住所

Map Marker 〒905-0501 伊江村東江上

アクセスマップ