観光スポット北部

環境省やんばる野生生物保護センター(ウフギー自然館)

①見どころ
 やんばる野生生物保護センターでは、やんばるの自然と生き物の生態系の面白さや、人々の暮らしとの関わりなど、展示を通して、多種多様なやんばるの魅力を紹介しています。

②概要
 やんばるの森は、日本全体の0.1%にも満たないわずかな面積ですが、琉球列島の形成過程を反映して形成された島々の地史を背景に、日本で確認されている鳥類の約半分、カエルの約4分の1が確認され、ヤンバルクイナなど多種多様な固有の動植物が数多く生息・生育しています。やんばる野生生物保護センターは、やんばるを訪れる人々に野生生物保護への理解や関心を深めていただくための普及啓発活動や、やんばるの絶滅のおそれのある野生生物の保護増殖事業、調査研究などを総合的に行うための拠点施設で、ヤンバルクイナやノグチゲラなど、野生生物の標本の展示も行っています。

③ヒストリー
 やんばる野生生物保護センターは、1999年4月にオープンしました。2010年4月に展示を全面改修してリニューアルオープンしましたが、それに合わせて、地域の方言で「大木」を意味する「ウフギー」から、「ウフギー自然館」という愛称が付けられました。

④ワンポイントアドバイス
 施設のホームページでも様々な情報を発信しています。お立ち寄りの際は、ぜひご確認ください。

  https://www.ufugi-yambaru.com/

スポット情報

住所

Map Marker 〒905-1413 国頭村比地263−1

アクセスマップ