名勝北部

坊主森(ボウジムイ)

①見どころ
 山頂からは海や山の眺めが広がり、天気が良ければ沖合いに伊平屋島や伊是名島も望むことができる大宜味村でも一、二を争う絶景スポットです。

②概要
 坊主森は、標高309mの山です。1月から2月にかけてツバキの群生の花が咲き、山頂看板の左側にはティサガムイ(標高241.8m)が、中央のやや右には奥間半島が見えます。右側には大宜味村最高峰のネクマチヂ岳(標高360.7m)から連なる山並が重なっています。

③ヒストリー
 坊主森(ボウジムイ)は、ボウジ(坊主)ムイ(森)のことで、下から見ると坊主の頭のように見えることから、このような名称となっています。

④ワンポイントアドバイス
 大宜味村の散策道全体の中心となるイギミハキンゾーの登り口(距離0.7㎞、所要時間約1時間)、ぶながや広場登り口(距離1.2㎞、所要時間約1時間半)から入ることができます。
 イギミハキンゾー登り口からボウジムイルートで山頂を目指すと、チキガンドーの岩屋(「チキ」はつくの意。「ガン」は金の意で、固い鐘に石をつくと鐘のように鳴るので、その名で呼ばれました。)を見ることができます。

スポット情報

住所

Map Marker 〒905-1306 大宜味村

アクセスマップ